医療法人葵会 ごきげんリハビリクリニック 

かかわる全ての人をごきげんにします

TEL.098-933-5515

〒901-2301 沖縄県北中城村字島袋1253-4

 事業所番号:4712210949

ブログ

DGMSM-Japan(ドイツ筋骨格医学会日本アカデミー)セミナ開催

平成29年7月22日(日)、医療法人葵会ごきげんリハビリクリニックにて、DGMSM-japan  LBBⅠ‐2コースが開催されました。臨床で治療対象となる事の多い胸腰移行部から仙腸関節を中心に機能解剖から、検査と治療そしてホームエクササイズまで、一連の流れを学びました。コースが進むにつれ、習得した技術の臨床での反応など、ディスカッションの場が増えてきました。そういった時間は刺激的で今後も楽しみです。

      懐かしい方の後ろ姿が!

会場となった、ごきげんリハビリクリニックの1階、2階の入り口周辺がリニューアルされています。外部から来院された方からも、『素敵ですね』と好評いただいています。心地よい環境は心穏やかになりますね。美化に取り組んでくれているスタッフの皆さんありがとうございます。

セラピースクール A&S イントロダクションセミナー開催 (医療法人葵会主催)

平成29年7月9日(日)、ごきげんリハビリクリニックにて『痛みの基礎/最新知見と介入の原則』をテーマに、イントロダクションセミナーが開催されました。勝浪省三PT(葵会理事)を講師とし、痛みの基礎に関する講義と、臨床での介入のポイントなど実技を交えた内容でした。3年ほど前から月に1回のペースで実施していますので、興味のある方は『セラピースクール A&S』ホームページを確認し、ご参加ください。

 

写真の無断転用禁止

ドイツ筋骨格医学会日本アカデミー 講習会開催 会場:ごきげんリハビリクリニック

2017年6月18日(日)DGMSM-Japan(ドイツ筋骨格医学会日本アカデミー)LBBⅠ‐1コース2日目、医療法人葵会ごきげんリハビリクリニックにて開催されました。股関節の機能解剖・検査・治療、そして『痛み』についての内容でした。新たなベーシックコースも予定していますので興味のある理学療法士、作業療法士の方は是非ご参加ください。詳細はDGMSM-Japan(ドイツ筋骨格医学会 日本アカデミー)ホームページをご確認ください。投稿:外間(facebook)

ごきげん勉強会 事業所連携『つながり①』

平成29年6月12日(火曜日)院内勉強会 ”事業所連携『つながり①』”開催しました。講師にWAN STYLE 知花代表を迎えこれまでの事業所における取組と、これからの取り組みについて語ってもらいました。ごきげんの理念と通じるものを感じ、良い刺激となりました。9月からオープンのWAN STYLEさんとは近隣事業所となりますが切磋琢磨で、地域に貢献できるよう取り組んで行きましょう。我々ごきげんスタッフも、日々取り組んでいる係わりにもっと誇りを持つべきであり、現に行っている活動を外部にアピールしていく必要性も感じました。仕事に取り組む中で感じた葛藤や、喜びなどストレートに伝えて頂きました。講師の皆さん、ありがとうございました。 投稿:外間

写真の無断転用禁止

『変形性膝関節症に対するアプローチ』講習会が開催されました( 医療法人葵会主催)

2017年6月4日、セラピースクール A&S イントロダクションセミナーが、介護老人保健施設サクラビアにて開催されました。当法人の理事である勝浪省三PTを講師に、『変形性膝関節症に対するアプローチ』をテーマに、機能解剖から、痛みに対するアプローチ、トレーニングと実技を中心に実施されました。参加者は32名で、今年の4月から現場に出られたセラピストも参加されていました。講義の中では、アメリカ式アプローチとドイツ式アプローチの違いなど、国際的に活躍されている勝浪先生ならではの貴重な話や、体験談なども聞くことが出来、ハンズオンによる治療の魅力、必要性を感じるセミナーでした。筋骨格系の専門家として社会に貢献できるセラピストを一人でも多く育てたいという勝浪先生のpassionを強く感じる内容でした。
定期的に講習会活動を開催しておりますので、身体の専門家として社会に貢献したいと思われるセラピストは是非ご参加ください。(”セラピースクール A&S沖縄”で検索すると講習会日程の詳細が確認できます)

IMG_3756IMG_3757IMG_3754

 

*写真の無断転送禁止

発声練習・発語練習の体操 開始しました

利用者、まらびにご家族のみなさま

蒸し暑い日が続いていますが、体調はいかがでしょうか・・・。

ごきげんリハビリクリニック 通所リハでは、この度、比嘉 言語聴覚士の監修による

『発声練習・言語練習の集団体操』を開始しました!

IMG_5106

普段、言語訓練(ST訓練)を行なっている方はもちろんのこと

みんな大きな声をだして、気持ちが盛り上がっていましたよ〜♫

 

6月は、【ごきげんのど自慢大会】を開催します。

発声・発語の発表の機会にもなります。

ぜひ、みなさんご参加・ご観覧をよろしくお願い致します。

 

 

糸満へバスツアーに出かけました♪

利用者様、ならびにご家族様

4月は、糸満へのバスツアーを企画し、みなさんで出かけました。
好天に恵まれ、非常に楽しい活動となりました♪

 

食事

みなさんで、おいしい食事を食べたり・・・

 

 

買い物

糸満道の駅で買い物をしました♫

ご家族様へ、お土産を買われた方が、たくさんいらっしゃいましたよ~

時間に余裕があった日は、帰りに瀬長島へドライブに行きました!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました♫

 

『脳性麻痺児のリハビリと地域連携』講演会、『上田法』勉強会を開催しました!

4月に入り、暖かい日が増えてきました!
患者さま、利用者さま、そしてご家族のみなさまはいかがお過ごしでしょうか。

2017年4月2日(日)、江藤隆夫先生(上田法国際シニアインストラクター)と浦川純二先生(上田法国際インストラクター)を当ごきげんリハビリクリニックにお招きし、『脳性麻痺児のリハビリと地域連携』をテーマに講演会と、セラピスト向けに『上田法』の勉強会を開催しました。

勉強会では、当法人理事の勝浪省三理学療法士(上田法国際インストラクター・国際PNF協会インストラクター・ドイツ筋骨格医学会インストラクター)も講師を務めました。

 

※上田法とは

上田法は1988年に小児整形外科医の医師である上田正氏(現:愛知県立心身障害児療育センター第二青い鳥学園名誉園長)が開発した治療法です。上田法治療は、脳性麻痺児や成人の脳血管障害後遺症などの運動障害に対して有効で、これまでに多くの学会等でその治療効果が報告されてきました。

脳性麻痺などにみられる筋肉の過緊張(固さ、つっぱり)は上田法で確実に和らげることができます。しかもその効果は長時間にわたり持続します。筋肉の固さやつっぱりがとれると、手・足・体のゆがみや変形が矯正され、運動機能が短期日のうちに向上します。

(上田法治療研究会ホームページより)

 

午前中は、江藤先生、浦川先生による上田法の概念に関する勉強会を開催しました。

実際のクライエントに対する治療効果の事例も交えて講義していただきました。

 

①

そして、実際の治療デモンストレーションも行っていただきました。

治療対象になっていただいた方も、その効果を実感しておられました。

②

続いて、上田法の治療実技練習を受講生のみなさんで行いました。

受講生のみなさん、非常に熱心に練習に取り組んでいただきました!

④

1時間30分程度の休憩を挟み、『脳性麻痺児のリハビリと地域連携』のテーマで、両先生に講演していただきました。

私自身、講演を聴かせていただき、先生方のセラピストとしての姿勢に胸が熱くなり、また自分はちゃんとできているのかと

考えさせられる時間になりました。

参加者のみなさま、沖縄県内至るところから足を運んでいただき、ありがとうございました。

 

ごきげんリハビリクリニック 理学療法士 新辰徳

 

野外活動「普天間宮への初詣」に行ってきました。

だんだんと寒さも和らいできましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

日中の寒暖差も大きいですので、体調管理お気をつけください( ◠‿◠ )

 

さて、ごきげんデイサービスでは利用者の方々と野外活動にいってきました。

今回は「普天間宮への初詣」です。

 

DSC02228

寒い日が続いていましたが、この日はとても気持ちいい晴天でした。

利用者のみなさまと職員で、みんなで1つのバスに乗って出かけましたよ〜

 

 

DSC02241

普天間宮には、桜が咲いていました。

みんなで花見もできました(^ ^)

 

DSC02253モザイク

参拝後の記念写真です。

みなさん、どんなお願いをされたんでしょうか( ´∀`)

DSC02252

帰りには北中城村のひまわり畑をみんなで見に行きました。

とても楽しい時間を過ごせましたよ〜

また、みなさんで野外活動に行きましょう

 

医療法人葵会主催の講習会を開催しました!

あけましておめでとうございます。

本年もごきげんリハビリクリニックをどうぞよろしくお願いいたします。 スタッフ一同、利用者のみなさま、並びにそのご家族さまをごきげんにできるよう頑張っていきます!

 

さて、正月気分が若干残る2017年1月8日、当法人葵会主催の講習会を県内の理学療法士・作業療法士向けに開催しました。

テーマは「中枢性片麻痺の歩行に対するアプローチ」です。

基礎医学に則ったトレーニング理論に基づき、片麻痺を有する方への、歩行の安定性を向上するための治療方法を学んでいきます。

講師は、当法人理事の勝浪省三 (理学療法士)です。

cimg0378

当日は、朝から小雨が降る中、たくさんの方に参加していただきました。

 

cimg0362

cimg0369

講習会は午前中に座学で基礎知識の勉強をした後、午後からは実技の練習を中心に進んでいきました。

 

cimg0377

万が一の際の、転倒に備えるための訓練について紹介する場面です。

 

参加者のみなさまの真剣な取り組みのおかげで、非常に活気ある講習会になりました!

この講習会をきっかけにして、利用者さまにより良いリハビリテーション・治療を提供できるようになったり、

沖縄県内のリハビリテーションの、さらなるレベルアップにつながっていけばいいなぁ〜と思います。

また、みなさんとご一緒に勉強できる日を、心よりお待ちしております。

ごきげんデイサービス

機能訓練指導員 理学療法士 新 辰徳

 

※写真の無断転載禁止